2016年4月より一般家庭や小規模店舗向けにも電力の自由化が開始されます。
それを受けて、多くの方が電力の自由化に関心を抱いていることでしょう。
今回は、特に「電力自由化にはどんなメリットとデメリットがあるのだろう?」
という疑問を抱いている方に向けて情報をご提供したいと思います。
この記事を読めば電力自由化の
メリットとデメリットが分かるだけでなく、電力自由化に備えて
何をするべきかご理解頂けることをお約束します。

電力自由化のデメリット

電力自由化,メリット,デメリット

まずは、電力自由化のデメリットから見ていきましょう。

 

電力自由化のデメリット

電力供給の不安定性
電力自由化により、
電力供給の安定性が
崩れてしまうのではないかと懸念されています。

 

これまで電気を独占的に供給してきた電力会社には、

 

長年培ってきた技術やノウハウがあります。

 

一方、新参の事業会社に安定性があるかと
言われれば不明確であり、もし彼らが不備のある
発電設備で発電を行ったり、設備投資に
十分な投資を行わない場合には
電力供給が不安定化する恐れがあります。
自由化すれば競争が激化するため、
発電事業者が余分にお金を使っては十分にあります。
そうなると、予想外のトラブルや大規模な
自然災害に襲われた場合などに
臨時の対応ができないばかりか、
最悪の場合には大規模停電に
発展することにもなりかねません。

 

電力自由化のデメリット:価格が上がる場合もあり

電力自由化,メリット,デメリット

一般的には、電力自由化によって競争が激化し、
電気料金は下がることが期待されていますが、
場合によっては料金が上がる可能性があります。

 

例えば、原油価格が高騰した場合、
火力発電向けの燃料代は高騰し、
発電コストは一気に跳ね上がります。

 

発電事業者は、利益を上げるために発生した
コスト分を料金に上乗せするため、私たちが支
払う料金は大幅に高くなり得ます。
実際に、自由化が施行された直後は価格が下落したものの、
中長期的には自由化された後の方が
料金が高くなっている国があります。
以下で、ドイツで電力自由化が施行された後の
電気料金の変化を表したグラフをご紹介します。

 

電力自由化,メリット,デメリット

電力自由化の結果、
毎年電気料金が高くなっていることが
上のグラフから読み取れると思います。

 

天然ガスへの依存による日本経済に悪影響を与えるリスク

電力自由化,メリット,デメリット

 

新たに建設されることになっている発電所の多くは
天然ガス(LNG を使った火力発電所となっています。
天然ガスは石油と比べると発電コストが
圧倒的に安いため選ばれています。
ところが、天然ガスに依存しすぎると天然ガスの
価格が突然高騰した場合に日本経済に
悪影響を与えるリスクがあると言えます。

 

電力自由化のデメリット:石炭への依存による環境破壊のリスク

電力自由化,メリット,デメリット

 

石炭は世界中で安定的に採掘でき、
さらには安価なため多くの新電力事業者が
石炭を使った火力発電に注目しています。
しかし、石炭火力発電は環境への負担が大きく、
二酸化炭素の排出量は天然ガスの2倍。
中国で深刻な大気汚染を
引き起こしているPM2.5はこの石炭が原因となっています。

 

電力自由化のデメリット:サイバーテロの可能性の増加

電力自由化,メリット,デメリット

 

今回の電力自由化を受けて新たに設立された
新電力事業者は500社に上ります。
この場合、中にはセキュリティー面で
不備のある企業が含まれる可能性があり、
その結果として電力供給を阻害することを
狙ったサイバーテロが発生する危険性が高まってきます。

 

電力自由化のデメリット:詳しく調べる手間暇が掛かる

電力自由化,メリット,デメリット

 

電力自由化の波に応じて、
様々な選択肢の中から自由に選んで乗り換えようとすると、
各電力会社のサービスや料金プランを
積極的に調べて比較検討する必要が出てきます。
その場合、料金だけでなく、
安定性や顧客対応力といった
視点も重要になってきます。
日本における電力自由化は
電気の安定供給が重要視されるため、
仮に契約している電力会社が発電を止めたり、
倒産したとしても電気が
使えなくなるということはありませんが、
安心できる電力会社を
選ぶことに越したことはありません。
しかし、そうなると詳しく調べて比較検討するのに
多くの時間と労力を費やす必要が出てきます。

電力自由化のメリット

電力自由化のメリット:多様なプランの中から自由に選択可能
電力自由化により、様々な料金プランやサービスの中から
自分の生活に合ったものを選ぶことができるようになります。
既存の電力会社も新電力事業者も、
すでに様々なプランを発表しています。

 

東京電力は、
リクルートホールディングスとPontaの
運営会社の2社と提携することで、
電気料金の支払いに応じて
ポイントがたまるサービスを提供することになっています。
また、電力自由化の進んでいる海外では、
グリーン電力制度というものがあり、
これは「電気料金は割高になってもいいから、
太陽光や風力などの再生可能エネルギーで作られた電気を使いたい」
という考えを持った人向けに作られた仕組みのことです。

電力自由化,メリット,デメリット

今回の電力自由化を受けて、
この制度が日本でも広がることが期待されています。
さらに、新電力事業者が既存の電力会社の
電気料金よりも安いプランを提供することも考えられます。
なぜなら、新電力事業者は組織や設備の面で小規模であるため、
人件費や設備管理費などのコストを既存の電力会社よりも
大幅に安く抑えることができ、
電気料金が安いプランを提供できるというわけです。

電力自由化によるメリットとデメリットまとめ

電力自由化,メリット,デメリット

以上が電力自由化によるメリットとデメリットになりますが、
「デメリットばかりじゃないか」
という印象を受けた方も多いかもしれません。
たしかに、電力自由化によって
電力供給の不安定性や
電気料金高騰、自然破壊、日本経済への悪影響
といった様々なリスクが存在することは事実です。
しかし、電力自由化によって
私たちは様々な便利なサービスを享受できるようになることが期待できます。
場合によっては今よりも安い電力料金のプランを契約することもできるでしょう。
大切なのは、自由化されたことを嘆くことではなく、
プラスの面に焦点を当てて
より良い電力プランを選んでいくことです。
とは言っても、いくら調べてみても「どの会社の
どのプランにすればいいか分らない」
という方も多くいらっしゃるかと思いますので、

数ある電力プランの中でも特に
お勧めできるものをご紹介させて頂きたいと思います。